とても低い目標ですから実現可能性は極めて高いです。超越投資法FX|FX(為替)移動平均線とローソク足の乖離に注目するようにしましょう

とても低い目標ですから実現可能性は極めて高いです。超越投資法FX|FX(為替)移動平均線とローソク足の乖離に注目するようにしましょう

本日のおすすめ『FX(為替)移動平均線とローソク足の乖離に注目するようにしましょう』等

 

注目の情報『超越投資法FX』(松原 秀樹)

超越投資法FX

とても低い目標ですから実現可能性は極めて高いです。
自動売買ソフト「夢スキャルFX」を利用したホッタラカシ投資とこの自動売買ソフトのインジケーターを利用した手動売買との併用により投資効率を最大化するFX投資手法です。
2013年1月1日以後、2年2ヶ月間のテスト成績は、
   779勝0敗
勝率100%
合計損益=+3502.67 pips
1ヶ月あたりの平均で、+134pips程の利益です。
現実の投資成績を控えめに考えて、1ヶ月の平均利益を+50 pips
と仮定してシミュレーションしてみます。
元金10万円が12ヶ月後に101万円になり、24ヶ月後に1016万円になる計算です。
この結果は、自動売買ソフトだけのホッタラカシ投資のシミュレーションです。
独自のインジケーターを利用した手動売買による複利運用を実践します。

 

超越投資法FXの公式サイトへ

 

今日の投資関連コラム

先物取引を始める際には、「証拠金」と呼ばれている自己資金が必要となってきます。しかし、株式の現物取引の場合と同じように、この自己資金内だけで取引を行うわけではありません。先物取引も、「レバレッジ」と言って、自己資金の何倍、何十倍もの金額で取引が出来るような仕組みになっているのです。例えば、日経225先物取引の最低取引金額は、指数の1,000倍です。現在の指数が10,000だった場合には、10,000×1,000で、なんと10,000,000円もの大金が必要となってしまいます。そこで、先物取引ではレバレッジを効かせることによって、少しの自己資金であっても取引が可能となるようにしているのです。この取引を行う上で、担保金とも言える自己資金を証拠金と呼んでいます。証拠金にレバレッジを効かせた金額で、実際の先物取引を行う仕組みなのですね。必要となる証拠金の金額は、各証券会社によって異なっていますので、取引を始める際には確認しておきましょう。また、このレバレッジによって、実際の先物取引を行う金額は自己資金よりもかなり高額な金額となる場合があります。例え値動きが小さくても、もしかすると実際の自己資金の金額よりも大きな損失を出してしまう可能性があるのです。先物取引は、ハイリスク・ハイリターンの取引であることを決して忘れないようにし、リスク管理を徹底して慎重に取引を行うようにしなければなりません。

 

おすすめはやはり『超越投資法FX』

超越投資法FX

毎日わずか+5pipsの利益を積み重ねるだけで驚異的な投資効率を実現できます。
現実に毎日利益を重ねる手法をインジケーターを用い、図解により解説しています。

超越投資法FXの公式サイトへ