FX初心者から上級者までご利用いただける自動売買ツールです。0.1秒で儲けるFX|【ダウ理論からレンジ入りの予兆を感じる】

FX初心者から上級者までご利用いただける自動売買ツールです。0.1秒で儲けるFX|【ダウ理論からレンジ入りの予兆を感じる】

本日のおすすめ『【ダウ理論からレンジ入りの予兆を感じる】』等

 

注目の情報『0.1秒で儲けるFX』(横内 裕)

0.1秒で儲けるFX

FX初心者から上級者までご利用いただける自動売買ツールです。
雇用統計や政策金利のような重要経済指標の発表結果で取引を行うのは本来シンプルかつ有用性の高いトレード戦略のはずです。
では、なぜ多くの人が経済指標トレードで失敗するのでしょうか?
理由は単純で経済指標発表後の反応が遅すぎるためです。
【機関投資家の注文方法】。
ロイターやブルームバーグなどの専用端末を使用、表示された発表数値をコンピューターが認識して自動発注。
【個人投資家の注文方法】。
上記端末から数秒遅れで配信される情報サイトの発表数値を見て、強気・弱気のどちらであるのかを判断してから手動で発注。
個人投資家がようやくポジションを持つ頃には投機筋が利益確定の反対売買を行うため、市場価格は一時的に想定される方向とは逆に動き、為替差損(キャピタルロス)を被ることになります。
号砲が鳴った瞬間にフライング気味で自動発注する投機筋と、号砲が鳴り響いたのを確認してから手動で発注する個人投資家とでは、一見同じような戦略でも情報の速さや売買技術で取引結果は大きく異なるのです。

 

0.1秒で儲けるFXの公式サイトへ

 

今日の投資関連コラム

銀行の金利がほとんどつかない昨今では、余剰資金を投資によって増やしたいと考える方も少なくありません。FX投資や不動産投資など、投資にも色々ありますが、株式投資には他の投資方法にはない魅力があるため、株式投資のみを行っている投資家も多いのです。そこで、ここでは、株式投資の仕組みについてお話していきます。まず、株式投資というのは、株式会社が発券している(実際には電子化されていますが)株券を対象とする投資方法です。株式投資の利益の上げ方には二通りあるのですが、株券そのものの直接売買によって差益を得る(キャピタルゲイン)というのが、一般的な株式投資のイメージでしょう。株式投資では、株券を所有することで、その株式会社からの「配当金」「株主優待」を受けるという利益の上げ方もあり、インカムゲインと呼ばれています。株式会社は、決まった時期に決まった割合で、利益の一部を株主に対して還元することになっており、それが配当金なのです。配当利率(配当利回りと表現することも)は、その株式会社によって違います。配当利率が高い方が投資対象として魅力的なのはいうまでもありませんが、業績が急激に悪化して利益が出ないと、配当金はもらえませんので注意が必要でしょう。株主優待は、株券を所有していることへのお礼として、その企業が取り扱っている商品やサービスなどを提供してもらえるというものです。株主優待がない株式会社もありますし、その頻度や内容についてはそれぞれの株式会社が独自に決めています。最近では、リスクの高い株券の直接売買よりも、配当金や株主優待といった、より確実性の高い投資方法を選択する個人投資家も増えているみたいです。

 

おすすめはやはり『0.1秒で儲けるFX』

0.1秒で儲けるFX

商品のメリットとデメリット
・初心者にもわかりやすいシンプルかつ直感的な操作。
・通常数百万~数千万円は掛かる自動売買ツールを格安で導入可能。
・1ヶ月に1度、数秒間の取引だけでも収益を期待できる。
・「数量計算シート」で売買シミュレーションが可能。
・流動性が低下する局面での取引では期待通りの成果にならない可能性がある。
・3種類以上の経済指標結果を判断した上での取引ができない。
・売買ツールを使った取引や経済指標発表時の取引を禁止しているブローカー(FX会社)では取引できない。
・経済指標発表の結果に対して価格があまり動かない場合、スプレッドや手数料分だけ損失になる可能性がある。
もっと詳しくは・・・

0.1秒で儲けるFXの公式サイトへ