パッとチャートを見たときに、瞬時に何をすべきかが分かる力井手式7daysFX|【FX】押し目が形成される原理と、獲りにいくべき押し目

パッとチャートを見たときに、瞬時に何をすべきかが分かる力井手式7daysFX|【FX】押し目が形成される原理と、獲りにいくべき押し目

本日のおすすめ『【FX】押し目が形成される原理と、獲りにいくべき押し目』等

 

注目の情報『井手式7daysFX』(ウイニングクルー株式会社)

井手式7daysFX

パッとチャートを見たときに、瞬時に何をすべきかが分かる力
トレーダー育成プログラム【井手式7daysFX】は、「学習」と「実践」を繰り返しながら、トレーダーの基盤となる能力を体で身に付けるという、ありそうでなかった新しいカリキュラムとなっています。
もし、あなたが今まで一生懸命FXを勉強したのに、全く成果が現れていないとしたら、それはあなたが悪いのではなく、参考にした書籍や教材が悪いのでしょう。
このプロジェクトでご用意した教材(DVDとテキスト)をご利用いただければ、帰宅後1時間、わずか7日でプロトレーダーの基盤を作り上げることが出来ます。
あなたが本気でFXで稼ぎたいと思うならば、是非ともチャレンジしてみて下さい。

 

井手式7daysFXの公式サイトへ

 

今日の投資関連コラム

高いレバレッジをかけることで、ハイリスクハイリターンの投資が可能になるのが、FXの人気の理由の一つでした。しかし、金融庁の規制により、2010年にはレバレッジの上限が50倍になり、2011年には25倍になってしまったのです。個人投資家の中には、この規制の影響で、FX投資から他の投資に乗り換えたり、FX投資をやめてしまった方も少なくなかったようです。ただ、レバレッジ規制後の今でも、高いレバレッジをかけて取引する方法はあります。その一つが法人口座を開設することです。レバレッジ規制されるのは、あくまでも個人投資家の口座に限定されています。つまり、法人口座であれば、規制の影響は受けませんから、今でも100倍以上のレバレッジをかけられるわけです。法人名義での口座を開設するには、会社を設立する必要があります。でも、レバレッジ規制以上の倍率でレバレッジをかけようと思うほどFX投資に自信があるのなら、検討する価値はあるでしょう。会社設立や維持のための費用がかかりますが、節税になることも多いです。また、海外のFX業者を利用する方法もあります。海外のFX業者であれば、日本よりも高い倍率でレバレッジがかけられるでしょう。最近では、日本から口座を開設できて、日本語でのサポートが受けられる海外FX業者も存在しています。また、FXのレバレッジ規制をきっかけに、CFD投資を始めた方も少なからずいるそうです。CFDは価格変動率(ボラティリティ)が大きいため、レバレッジ倍率がそれほど高くなくても、ハイリスクハイリターンが狙えるといわれているのです。

 

おすすめはやはり『井手式7daysFX』

井手式7daysFX

7daysFXではオーソドックスなレジスタンス・サポートに加えて、ラウンド・ナンバー、などをクラスター・ゾーンとして認識して、ダイバージェンスなども活用していく手法ですが、損切りのポイントや利確のポイントの合理的な設定を含めて実戦的なトレード手法としてとても良くまとめられています。
そして、基礎的なことだけではなく、知りたかったターゲット・ゾーンなど「相場予測」の分野についても正統なノウハウを実践的に深く学べることでしょう。

井手式7daysFXの公式サイトへ