5倍”や“一年で1億円”という話のファンタジーっぷり投資で負けない為の10の掟|【日本初公開】ヒラリーが捨てたEメールの内容が大暴露!

5倍”や“一年で1億円”という話のファンタジーっぷり投資で負けない為の10の掟|【日本初公開】ヒラリーが捨てたEメールの内容が大暴露!

本日のおすすめ『【日本初公開】ヒラリーが捨てたEメールの内容が大暴露!』等

 

注目の情報『投資で負けない為の10の掟』(株式会社HTマーケティングス)

投資で負けない為の10の掟

5倍”や“一年で1億円”という話のファンタジーっぷり
あなたが負けている本当の理由。
なぜ多くの人が勝ちたいと思いながらただ勝ち組トレーダーのためにお金を運ぶだけになってしまうかというと、、、。
「一年で1億円」。
「誰でも簡単に毎月20万円の副収入」。
というものばかりを見せられているからなのです。
だいたいの“勝つ方法”は、ここの数字を見て、ここをチェックして、このとおりにやったら勝てますよ、、、。
という話ばかりですよね。
いま説明したように、勝つための唯一の手法なんてものは存在しません。
あなたは、たくさんのファンタジーを見せられたせいで一足飛びで勝ち組トレーダーになれるものだと、踊らされていたのです。

 

投資で負けない為の10の掟の公式サイトへ

 

今日の投資関連コラム

FX取引を始めるにあたって、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、どっちを利用して売買をやれば利益が上がるのだろう?と思った方も多いのではないでしょうか。FXの初心者の場合には、まだ相場観が養われていないため、自分の直感や世界情勢を加味して取引を行うファンダメンタルズ分析では危険を伴います。そんな場合には、テクニカル分析を取り入れることで、売買のタイミングを自分で判断する必要がなく、損をすることも少なくなるでしょう。反対に、かなり相場に慣れたトレーダーの場合には、過去のチャートにはなかったような急激な世界情勢の変化や政府の介入など、そのタイミングによって最適なトレードを行うことができるので、ファンダメンタルズ分析がとても有効な手段の一つと成り得ます。また、テクニカル分析でかなりの利益を得ている方でも、長期的な展望はファンダメンタルズ分析にて行っている方もいます。それに、ファンダメンタルズ分析で取引を行う場合でも、移動平均線などのチャートを見て、その時々の売買のタイミングを確認する方もいるようです。つまり、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析はどっちがいい?なんていう疑問に答えはありません。世界の経済情勢を見た上で、ファンダメンタルズ分析により通貨が上がるか下がるかのトレンドを見極め、さらにテクニカル分析を利用して最適なタイミングで機械的に売買を行うような取引をしていくことが理想なのかもしれませんね。

 

おすすめはやはり『投資で負けない為の10の掟』

投資で負けない為の10の掟

会社の給料以外に小遣いが欲しい…とFXを始めてみたけれど小遣いどころか、飲み代やお昼代を圧迫しているよ、、、というあなたへ
これを知る前にFXトレードをしてはいけません!
元証券マンが明かす!
“10%の勝ち組トレーダーと
90%の負け組トレーダーをわける
不都合な真実

投資で負けない為の10の掟の公式サイトへ