株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標『天底チャート 株225FX』|FX土曜勉強会《20》移動平均線の使い方

株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標『天底チャート 株225FX』|FX土曜勉強会《20》移動平均線の使い方

本日のおすすめ『FX土曜勉強会《20》移動平均線の使い方』等

 

注目の情報『『天底チャート 株225FX』』(二宮 元太郎)

『天底チャート 株225FX』

株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標
チャートを独学で自分なりに研究を続け、試行錯誤を繰り返しながら、2つのテクニカル指標にたどり着きました。
それらのテクニカル指標にたどり着いたきっかけは、メタトレーダーというFX(外国為替証拠金取引)の売買取引を行うために用いる無料の高機能金融トレーディングソフトウェアとの出会いからです。
この2つのテクニカル指標の驚くべき利点に気付いたのです。
 ・転換点が明瞭で見易いこと。
 ・騙しが少ないこと。
 ・タイミングが遅れないこと。
この3点につきます。
一般的な使い方とは異なる活用をすると株価の天底と転換点が一目でわかるようになるのです。

 

『天底チャート 株225FX』の公式サイトへ

 

今日の投資関連コラム

FXの取引の場合、一般的に世界情勢や自分の経験上の勘などを頼りに、人が判断して売買を行っています。それに対して、予め決められた売買のルールに従って、機械的にトレードを行うやり方を「システムトレード」、略して、「シストレ」と呼んでいます。それでは、具体的にシステムトレードとは一体どんな手法なのでしょうか。まず、システムトレードは過去の数値や指標などの組み合わせで作成され、検証された売買ルールによって取引が行われます。そこに、人の感情や判断は含まれていません。システムが買いと判断したら買い注文、システムが売りと判断したら売り注文を出します。そのため、裁量トレードと比較して「非裁量トレード」と呼ばれることもあります。システムトレードのメリットとしては、メンタルに流されることなく、最初のルールに従って淡々とトレードを行うことができる点です。反対に、デメリットとしては、過去のデータにないような局面に対応できなかったり、自分が売買したいタイミングになったりした場合でも、取引ができない点が挙げられます。どちらにしても、この手法は米国では一定の評価を得ている投資法でもあり、実際にシステムトレードをベースにした取引を行った方が、人の感情や勘などで取引するよりも損失を小さくし、多くの利益を得る可能性があるといえるようです。ただし、システムトレードが万能とは限らず、その時の相場との相性もあるので、十分に検証してから使用するシステムを選択することが重要となります。

 

おすすめはやはり『『天底チャート 株225FX』』

『天底チャート 株225FX』

2つのテクニカル指標の内1つのテクニカル指標は、FXの世界では比較的よく使用されているようなのですが、どういう訳か株式チャートの世界では、マイナーなようで、多くのチャート 機能には付いていないのです。
チャート機能に付いていませんので、ネット等でいくら検索しても指標の用語説明程度でましてや、このような使用方法など、どこにも見当たりません。
運よくチャート機能に付いていたとしても、ごく一般的な使用方法しかできないのがほとんどです。

『天底チャート 株225FX』の公式サイトへ