月末の9時ショートのシステムは、まさに究極かもしれませんBear Time FX|ボビー・オロゴンもびっくり!FXの自動売買で楽々資産運用を始めよう!

月末の9時ショートのシステムは、まさに究極かもしれませんBear Time FX|ボビー・オロゴンもびっくり!FXの自動売買で楽々資産運用を始めよう!

本日のおすすめ『ボビー・オロゴンもびっくり!FXの自動売買で楽々資産運用を始めよう!』等

 

注目の情報『Bear Time FX』(株式会社NYコンサルティング)

Bear Time FX

月末の9時ショートのシステムは、まさに究極かもしれません
「米ドル/円は、毎月23日~末日の決まった時間帯に下がるクセがある」という米ドル/円相場の不変的な特性を利用した完全“無裁量”手法『 Bear Time FX 』は、これまで10年以上、安定して利益を上げ続けている当社が、毎月の利益確保のために、現在も実際に使用しているメイン手法の1つです。
この手法を用いれば、「日本企業の需要による莫大な資金」や「プラスの期待値」などを味方につけられるため、毎月安定した売買利益を有利に求めることができます。

 

Bear Time FXの公式サイトへ

 

今日の投資関連コラム

最近、投資信託が手軽に始められる資産運用として人気の高い商品のようですが、そのメリットばかりに注目してはいませんか?投資信託は貯金とは異なり、あくまでも「投資」ですので、もちろん、デメリットも存在しています。投資信託のメリット、デメリットについて考えてみましょう。まず、投資信託のメリット部分です。これは御存知のように、自分で資産運用する訳ではなく、全てをプロに任せる事が出来ます。個人で毎日経済情勢をチェックしたり、多くの企業情報を収集したりするのは大変ですが、それも全てプロが行ってくれます。また、個人では予算の都合上、どうしても投資先が少なくなり、もし、そのひとつが破綻してしまえば、損失もかなり大きなものになってしまいます。けれど、投資信託の場合、数多くの投資家から資産を募集し、数多くの株式や債券等に投資をしていますので、その分、リスクを最小限に留める事が出来るのです。次に、デメリットの部分です。プロに資産を運用してもらうと言う事は、当然、その分の手数料を支払う事になります。それに、投資信託には、取り扱っている機関への販売手数料、解約する場合の信託財産留保額等、様々なコストが掛かると言う事を頭に入れておきましょう。そして、何よりも重要なのが、運用成績によっては元本割れが生じる可能性があると言う事です。投資信託を積み立て貯金のようなイメージで利用されている方もいらっしゃるようですが、元本は保証されていませんので、くれぐれも注意して下さい。

 

おすすめはやはり『Bear Time FX』

Bear Time FX

予め実行する取引内容(日時・売買方向)が決まっているため、「自らが相場判断をする必要が一切ない」ということから、基本的に未経験者が実行しても同じ結果になります。
「取引対象時間が都合に合いにくい」などの場合は、「自動売買プログラム(EA)」を用いることで、全てコンピュータに任せて完全自動で売買を行うことができます。

Bear Time FXの公式サイトへ